パソコンのプライバシーを守る!簡単に行える方法3選

2020年 5月 31日

ウイルス対策ソフトを導入すること

ハッカーやウイルスなどによって、何時パソコンのプライバシーが侵されるのか分かりません。そこでウイルス対策ソフトを導入すれば、ハッカーやウイルスなどが原因の情報流出を防げるため、安心してパソコンを使えます。ウイルス対策ソフトは無料から有料まで色んな種類が存在しており、各々で相性が違っているため、慎重に選ぶことが大切です。最適なウイルス対策ソフトを選択すれば、ハッカーやウイルスなどの脅威を極力排除できます。

怪しいサイトやブログにはアクセスしない

インターネット上には怪しいサイトやブログがあり、アクセスすることでウイルス感染や大切な情報を抜き取られるケースがあります。少しでも怪しいと感じた場合、そのサイトやブログにアクセスしないことがプライバシー対策として大切です。URLがhttpsになっているサイトやブログは、暗号化されているので比較的安心です。その他にも不自然な日本語が多いサイトやブログは、フィッシングサイトの可能性があるので避けることが重要になります。

不審なメールを開かないことが重要

パソコンのプライバシーを守るには、不審なメールを絶対に開かないのがポイントです。不審なメールをもし開いてしまった場合、そこからウイルス感染してしまい、大切な情報を盗み取られる恐れがあります。またパソコンを正常に稼働させることが難しくなるケースもあるため、不審なメールは開くのではなくすぐに削除するのが重要です。有名なショッピングサイトや銀行を装って、不審なメールを送信してくるケースが目立っているので要注意です。

日常生活で個人情報が記載されている郵便物などを処分や破棄をしたいときに役に立つのがシュレッダーです。個人情報が記載されている部分を細断する機械です。