ウェブ制作を学びたい!まずは何から始めるべき?

2020年 5月 30日

まずは言語習得から始めよう

ウェブ制作をマスターして自在に開発できるようになりたいと思ったら、まずは必要なプログラミング言語の習得から始めましょう。ウェブ開発で用いられている言語としては最も基礎的なのがPHPです。JavascriptやJavaもよく用いられているものの、汎用性が高くて習得までの期間が短くて済むのはPHPでしょう。ウェブ制作エンジニアとして高いレベルを目指したいと考えているならJavaを学んでおいた方が無難ですが、後から学ぶこともできます。まずは自分が使いこなせるようになりたいプログラミング言語を一つ選んで学びましょう。ECサイトの構築のように需要が高いウェブ開発についてはテンプレートがあるので、基礎的なプログラミング技術を身につければすぐにできるようになります。

ウェブの概念を学ぼう

本格的にウェブ開発をしていきたいと考えているのならプログラミング言語を一つ使いこなせるようになっただけでは不十分です。プログラミングスキル的に問題なのではなく、ウェブに関する知識が不足しているのが問題になります。ウェブ制作で応用できるようになるためにはウェブそのものについての理解が必要です。概念を理解することから始めて、どんな構造なのかも詳しく見ていきましょう。プログラミングを学ぶ間に少しずつわかってきていたことがこの時点ではっきりと理解できるでしょう。すると自分で1からウェブを活用できるようなプログラムを組めるようになり、テンプレートがなくてもウェブ制作を行えるようになるのです。

コーディングとはIT用語で、プログラミング言語を用いて、コンピュータプログラムというソースコードを記すことです。